fbpx

インスタ映えする桃タルトケーキの撮り方

ご覧いただきありがとうございます!
スマイリングスタジオの鈴木です。

写真撮影の勉強会第1回目は、
インスタ映えするピーチタルトの撮り方です。

一般にピーチタルトを写真に撮ると

こんな感じか

余計なものが映らないように
アップにするので

こんな感じになると思います。

 

しかし、
プロフェッショナルの撮影の仕方を教えます。

まず、下の写真を見てください。

何か気になるところはありませんか?

 

少し金色のものをめくってみます。

そうすると

そうです。
ケーキの断面図がでてきます。

ホールケーキ以外は、できれば銀紙を外した方
インスタ映えする写真になります。

 

次に角度ですが真上から撮ったり

ケーキの三角形を強調して撮ったり、

逆に紅茶側から撮ったりすることで、
同じものでも写真写りが変わります。

 

写真は、
少し構図を考えるだけでインスタ映えする写真になるので
あなたの写真スキルが上達します!

次の写真も構図を変えています。

視点を変えるだけで表現が変わります。

 

次に
下の写真をみてください。

少しくらいと思いませんか?

明るく写せば解決しそうですが、

白い皿の場合、
皿がより白く写ってしまいます。

そこで、プロフェッショナルはレフ板を使います。

例えば、レフ板を上のように置くと
カップの影の部分も明るくなるので、

簡単に綺麗に写ります。

 

レフ板なんてないよという場合は
刺身の発泡トレイなどを使っても良いですね。

次に皿を変えて撮ってみます。

 

ここからは銀紙の他にケーキを包んでいるビニールも取ってます。

青と白のストライプのクロスも下に敷いてます。

 

そうすると、

ケーキの切った側面が

さらに綺麗に写り
雰囲気も変わります。

 

少しかえるだけで、

インスタ映えする写真に変わります。

また、
上の写真では紅茶にアワが残っているので、
爪楊枝で潰すと良いですね。

 

ビニールを取ると
だいぶ変わったのではないでしょうか?

構図によって違うものに写るので、
あなたのピーチタルトを角度を変えて撮影してみてください。

最後にライトを当てた写真です。

ライトを当てると
上にトッピングされている桃が輝いて写ります。

 

ライトを当てた写真は商品が活き活きと写ります。

ただし、
ライトを当てた撮影は専用の機材が必要になるので
撮影のご依頼などございましたら、

スマイリングスタジオの鈴木までお気軽にお声掛けください。

店舗向けフォト(出張)

最後までご覧いただきありがとうございます!